Pages

30 May 2014

韓国出張で買いたいもの

再来週、韓国出張かもなので、買いたいTOEIC本をメモ。

TOEIC定期試験既出問題集(LC+RC 1200)


過去問6セット。



ETS TOEIC Test RC 公式実践書1000




ETS TOEIC TEST 公式問題集 VOL.5


29 May 2014

TOEIC IP の結果 5/1

今月のゴールデンウイークの谷間に会社で受けたTOEICの結果が返ってきました。




ハイスコア更新!

やっと妻のハイスコア(755)を超えることができました。

23 May 2014

ディクテーション

ペンディングしていたディクテーションを再開することに。
英語の勉強の中で一番苦手な勉強です。

時間がかかるし、全然進まないし、ゴールをどこにおいたらいいかも悩む。完璧目指したら、いつまでたっても終わらない。エンドレスになるので、結局やれなくなってしまう。

再開するにあたって、上記の悩みを相談したら、以下アドバイスをもらいました。

  • 完璧を目指すな!
  • 時間をきめて、時間がきたら途中でもおわり!

これならエンドレスではなくなるので何とかなりそうと思い、納得して再開することにしました。

で、さっそく面倒なポイントに遭遇。

ディクテーションするときのプレーヤーの巻き戻し、リピート操作です。本当に面倒です。純粋にリスニング、ライティングに集中したいのに、その操作がうまくいかずイラッとしたりします。

「聞々ハヤえもん」というソフトを使ってみると、A-Bリピートもできるので少し楽になりましたが、結局センテンスごとにマークを打つ作業が結構難しくて、またイラッと。

とりあえず、慣れるしかないんだなと。

結論


ディクテーションは、手間がかかるし、ストレスフル。

効果が早々に実感できると、継続するモチベーションになるのですが。。。

18 May 2014

銀座のカラス


大学生の時に、バイトで稼ぐようになってから急に読書をするようになりました。毎月小説を10冊ぐらい買っていた記憶があります。

最初は、何かのきっかけで群ようこさんの小説の面白さに気づき、彼女の本をたくさん読んでいました。

彼女の著作をほぼ全部読んでしまって、つぎはどうしようかなと思ったときに、彼女の本でちょくちょく話が出てきていた椎名誠さんの本をためしに読んでみようと思ったのが、彼の本を読もうと思ったきっかけです。

彼は、SF、私小説、怪しい探検隊シリーズなどいろんな著作がありますが、私小説がお気に入りです。

その中でも、彼のサラリーマン時代の私小説が、特に好きです。なぜ好きなのか、それは自由でいいな、自分もそんな風になりたいなと思えるなにかを小説の中に感じることができるからではないかと思います。

現在の息苦しい社会で、精神的に疲れている方におすすめです。

小説の中での人物描写が特に秀逸で、自分の会社の人にたいしても同じように描写してみると楽しそう! という衝動にかられます。(笑)

亀沼は胃が悪いくせにヘヴィスモーカーの大酒のみで、いつも自分の胃の悪口をいいながら顔をしかめ、口の横っちょで両切りピースをひかひかやっている。

The difference between "I'll" and "I will"

先週の英会話で、I will と I am goning to の違いとあわせて教えてもらったのが、I'll と I will の違い。

I will
formal, business, accent
I'll
casual, private

例文


I will go shopping.


私は買い物にいく。
(買い物に行くという意思を強調。絶対に買い物にいくぞ!という感じ)

I’ll go shopping.


私は買い物に行く。
(単に買い物に行くという事実のみを伝えている。プライベートで使われるている感じ)

17 May 2014

The difference between "I'll" and "I'm going to"

今週から英会話レッスンを再開しました。

2月に初めて授業を受けた時よりは、英語を話すことの心理的障壁はなくなっているので、沈黙の時間は減りました。相変わらず難しい言い回し、つまり日本語をそのまま英訳してしまっては、「もっとシンプルに」にと言われてしまっています。。。たとえば、以下のような感じ。

Our sales figure is bigger than previous year.

We grew sales this year.

まだまだです。

I'll と I'm going to の違い


will = be going to」。

中学の時に習いましたよね。

ただ、使い分ける基準があるのを今日はじめて習いました。

I'll
突然決めた予定の場合。おそらく、そうする予定。たしかじゃないけど

I'm going to
もともと計画していた予定

I'll の例


What do you do this weekend ?

I'll go shopping.
(何も予定してなかったけど、強いていえば買い物に行こうかなというニュアンス)

I'm going to の例


What do you do this weekend ?

I'm going to go shopping.
(事前に買い物に行く予定を立てていたというニュアンス)

中学の時に教えてほしかったなと思った今日のレッスンでした。

11 May 2014

ビジネスでは誤解を生むかもしれない英単語

先日とある議事録で、知らない単語(biweekly)があったので調べてみたところ、

biweekly
1. twice a week
2. every two weeks

とありました。

打ち合わせの際に、隔週という認識があったので、"every two weeks" という意味で使っているんだろうなと理解していました。

ただ、その場にいなかった人には、隔週1回なのか、1週間に2回なのか判断つかないと思われるので、誤解を生む可能性がある英単語は極力つかなわい方がいいのかもと思いました。

自分が Writing する際は、すこし気を付けたいなと思ったケースでした。

ちなみに、bimonthly というのもあるらしい。biシリーズがあるみたいなので、bihourly, bidaily とかの応用もできそう。

10 May 2014

切磋琢磨

6月のTOEIC公開テストを受けることにしましたが、ライバルがほしいなと思い、隣の同僚に受験を進めてみました。

同僚は私より2,3歳年上で、英会話の勉強はすでに1,2年やっており、TOEIC点数も同じくらいなので、ちょうどよいライバル。ただ誘おうと思った一番の決め手は、ノリがいいことでした。やっぱりノリが重要ですからね!

また、TOEIC受験に緊張感を持たせるために負けた方が一杯おごるという勝負もすることにしました。3か月おきに勝負しようという話になったので、今年いっぱいはモチベーションを維持できる環境を作れます。

会社の入っているビルにテナント専用のカフェテリアがあり、ここにはセルフサービスの生ビールがあります。負けた方が2H飲み放題をおごるというルールにしました。

今日の英語


Continuous effort – not strength or intelligence – is the key to unlocking our potential.

Winston Churchill

8 May 2014

ありがたい同僚

会社の twitter ライクなツールに、

Zite で毎日英文記事を読んでリーディング力アップだ!

とつたない英語でつぶやきました。



誰かのコメントを期待していたわけではなく、同じ部署の人にも紹介という程度でつぶやきました。



2時間後に以下のコメント(実際は英語ですが)がありました。


外国人の同僚とディスカッションすることでも英語力アップするよ


フランスのIT部門のマネージャでした。

ありがたい同僚です。

先日のアメリカ人の上司といい、私の周りにはありがたい外国人が多くて恵まれているなぁと感じています。

フレンドリーなフランス人なので、今後は彼に無理くり絡んで英語に触れていきたいと思った一日でした。

ただ実際の業務で彼と絡むことはほとんどないので、彼が書いているブログにコメントをいれるぐらいしかないですが。。。

5 May 2014

こどもの日



今日はこどもの日。

毎年、柏餅、ちまきをたべて、兜や鯉のぼりを飾りつけるのが我が家の習慣です。こどものイベントとお墓参りがメインなので、すべての伝統的なイベントをやっているわけではありませんが。結構伝統的なイベントを重視している気がします。

今日は一日中雨だったので、家で柏餅、ちまきをたべて、こどもと遊んでいました。

どこにも行かなかったので英語の勉強がはかどり、しごとの基礎英語の暗唱が一回りしました。

これでだいぶ気が楽になりました。また、だいぶ英文も頭に残っており、英語で話せる内容が少し増えた気がします。ただ、謝罪系の内容ばかりですが。。。(素材の問題です。。。)


4 May 2014

英文の暗唱

アンキドロイド単語帳を使った英文の暗唱ですが、以下の通り毎日少しずつではありますが、続いています。



このグラフですが、実際の勉強時間より少なく測定されているように個人的には思えます。細切れ時間ではありますが、1時間やっています。まあ、あくまでも相対的に可視化できるだけでも有用ですので、そこまで気にする必要はないと思います。

英文は100フレーズありますが、毎日新カードが20枚出てくる設定(デフォルト設定)なので1週間で、一回りする感じです。

3日目ぐらいから復習用のカードが増えてくるので、その日の予定を全部消化できなくなる状況になりました。一瞬ここで挫折しかけましたが、少しずつでも続けることが大事だと思い、続けることができました。

一回りしたら、幾分楽になってきますので、そこまではできる範囲で学習をすることが大事だと思います。どうしても気になる人は、1日20カードというデフォルト設定を変更して、1日10カードにするなど自分のペースにあわせることも可能です。

明日からTOEIC素材、主に以下のTOEICテスト新公式問題集Vol.5をアンキドロイド単語帳に登録しようかと思います。1デッキ100ぐらいが覚えやすいので、それぐらいにわけて登録していく予定です。


英語にできるだけ毎日触れる

今の職場では以前の職場に比べると段違いに英語に触れる機会があります。メールのReadingが多いですが、Writingも多いです。しかも、Writingの場合は、要はメールの返信になりますが、結構やりとりが続くことも多いです。これは結構タフですが、英語の勉強になります。

それに比べて休みの日は、自分でよっぽど意識しないとどうしても英語に触れる機会が少なくなります。そこで、何かないかなぁとネットサーフィンをしていると、

多くの人が間違えるモチベーションの使い方。

こちらの記事がとても参考になりました。以下、特に参考になったところの引用です。

無心で5分間、取り組めることを習慣化しておくこと。

問題集を毎日やる、英文記事を必ず一つ読む、これが一日も休まずできれば何も問題はないですが、必ずやらない日は来ます。

そんな時、そこに戻るのは非常に精神的なハードルが高い。

先に書いた、やる気はやるから出てくる、

それがわかっていてもできない時は必ず来ます。

そんな時は何にも考えずに5分程度、触れられるものを準備しておくことがベストです。

そしてそれをやるき満々のときから習慣化しておくことが大事。

具体的なオススメを上げるとやはり動画が強い。

1日五分、覚えなきゃ、とか聞き取らなきゃ、とか沢山の「なきゃ」から解放されて自由に楽しめ、かつ英語にも確実に触れている、そんな時間を日々の中に取り込んでおくことが何より大事なことなんです。

英語を楽しめる動画コンテンツ


概ね5-10分間のコンテンツです。

今日の英語


3 May 2014

半年ぶりのTOEIC

昨年12月以来のTOEIC IPテストを会社で受験しました。半年ぶりだったので集中力がもつか不安かつ若干二日酔いでの受験のため、おそらく塗り絵大会を予想していました。

前の会社でもTOEIC IPテストは終業後でしたが、今の会社は朝からも受験できるため、集中力がある状況で受験できるようになりました。ただ、二日酔いだったので、本当は昼からの方がよかったですが。。。

テストの感想


Part1


7割ぐらいしょうでか。
うまく聞き取れないのが2,3個。
ボキャブラリー不足もあり。

Part2


6割ぐらいしょうでか。
やはりどうしても集中力が続かず、聞き漏らす問題が数問ありました。

Part3


7割ぐらいしょうでか。
先読みがうまくいきましたが、先読みとリスニングの集中バランスがまだうまくいっていないことを実感。今度は先読みやめてリスニングに集中してみようかと思います。

Part4


Part3と同じ。

Part5


7割ぐらいしょうでか。
あまり時間をかけず、理想のペースで解けました。

Part6


Part5と同じ。

Part7


今回はじめてDPから解いてみることにしました。今回はこれがうまくいき、時間ちょうどで完了し塗り絵をせずに済みました。

次回に向けて


半年ぶりの受験の割にはよくできたなというのが感想ですね。やはり、毎日DP相当のボリュームのメールを読むようになり、リーディングスピードが少しは早くなったのかもしれません。

しごとの基礎英語の音読、暗唱が1周したら、TOEIC新公式問題集のPart3,4の音読、暗唱を取り入れ、さらなるスピードアップを目指していこうと思います。