Pages

25 Apr 2014

ぜいたくな環境 その2

昨日は one on one Mtg をした上司、同じ部署のメンバと飲みに行きました。



彼はアメリカ人ですが、奥さんが日本人なので、日本人に理解があります。なので、飲み会のお店選びには、そこまで気を使う必要がありません。

アメリカ人と食事する際は、いろいろ気にかける必要があるというのを英会話の先生に教えてもらいました。

多くのアメリカ人は、 "fussy about one's food" なので、お店選びは注意が必要みたいです。確かにうちのアメリカ支社のインフラマネージャはベジタリアンでした。また、ベジタリアンにもいろいろタイプがあり、肉を食べる人もいたりと、事前の "preference" 確認が重要とのこと。


閑話休題。


アメリカ人1名、日本人4名の飲み会。私を除くメンバはみんな英語が堪能だったので、自然と会話は英語となりました。行く前から予想していたので、そこまで焦りませんでしたが、やっぱり少し気後れしてしまいました。

居酒屋なので、自然とブロークンな英語になりましたが、自分がしゃべる機会がたっぷりあり、ちょっとした英会話レッスンより濃厚な3時間となりました。

こういう機会が、以前に比べると多くあるので、積極的に参加して英語に触れる機会を増やしていこうと思います。

No comments:

Post a Comment